3.18(土)佐賀県太良町・海男牡蠣養殖場見学&牡蠣BBQツアー2017

JUGEMテーマ:グルメ

DSC_5363.JPG

 

佐賀県太良町・海男牡蠣養殖場見学&牡蠣BBQツアー2017

■主催
47fish47OYSTER CLUB

■共催
株式会社海男(佐賀県藤津郡太良町大字大浦丙977-1)
*当日ツアー案内/牡蠣BBQ運営 海男 梅津聡

■スケジュール
10:20 JR肥前鹿島駅集合(集合時間1)→海男社へ送迎
11:20 JR肥前鹿島駅集合(集合時間2)→海男社へ送迎
12:00 海男で牡蠣のBBQ
13:30 出荷場の見学
14:00 沖の漁場の見学
15:20 牟田干拓の見学
15:30~15:50 移動
15:50 道の駅販路見学
16:10~16:40 移動
16:40 酒蔵見学
17:15 干潟見学質問会
18:00 解散
*現地集合/現地解散
*飛行機/宿泊場所は、参加者各自で手配ください
*スケジュール/内容は都合により変更する場合がございます
*当日天候状況・海が時化た場合には、沖の漁場見学を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。

■費用
1万円(税込)
*BBQ費用/イベント保険費用含む
*当日現地にて、現金でお支払ください

*キャンセルポリシー

6日前0円 / 3日前半額 /当日キャンセル全額支払


■申込方法
1・47OYSTER CLUBへ入会(無料/Facebook非公開グループへ参加リクエスト申請)もしくは、info@47fish.jpあてに申込メール送信

2・イベントページ「参加予定」で申込
3・47fish事務局から個別に連絡し申込確認

■定員(申込先着順)
・最大15名 最少5名
*5名に満たない場合はツアーを中止させていただきます
*必ず個別にご連絡させていただきます。

■生産者 海男からのメッセージ
 幼い頃は有明海で貝取りをして遊び、学生時代には水産業を学び、大人になってからは家業である湾岸工事会社の一員として海で働いてきました。この間、有明海は大きく変貌。豊かだった海は乱獲などの問題で疲弊し、漁師さんたちは漁業で生計を立てられなくなっていきました。
「どうしたら、いいんだろう」。
 ひたすら考えた中で見つけたもの、それが、牡蠣だったのです。
 牡蠣は、乱れた生態系を健全化させます。元々有明海は世界有数の天然牡蠣の宝庫。ここでうまくて、安心・安全な牡蠣をたくさん作れれば、海は蘇り、漁師さんたちもいきいきと働くことができ、お客さんである消費者の方々に喜んでもらえる。こんなに素敵なプラスの連鎖はありません。  
 そこで私は独自に牡蠣養殖を研究。新しい養殖方法を考案しつつ、現在では、約15種類のアイテムを生産するに至りました。
 私が作る牡蠣は、生食用です。うまい生食用牡蠣を安心して食べていただくための努力を、日夜続けています。一方、その牡蠣をお客さまに最後まで安全に届けるため、流通業や飲食店の方々にも牡蠣をもっと知っていただくための取り組みも行っています。
 我々は、本気でうまい牡蠣づくりを実践しています。まずは、ぜひ味わって下さい。牡蠣に対するイメージが変わるはずです。それだけの自信があります。
そして牡蠣の世界の一員に、あなたも加わって下さい。

「牡蠣は日本を、世界を救う」

というと、大げさだなぁと笑うかもしれません。でも、私は本気で、そう考えているのです。

佐賀県太良町、有明の海でお待ちしております。

海男 梅津聡

 

 

■海男 梅津聡 プロフィール
梅津聡/Satoru Umetsu
株式会社海男・代表取締役社長 
有限会社共栄海事・代表取締役社長 
JF佐賀県有明海漁業協同組合 たら支所 正組合員 
JF山口県漁業協同組合 才川支店準組合員(共栄海事として所属)
世界かき学会会員

1973年佐賀県太良町生まれ。祖父の代は漁業を営んでいたが、父の代で港湾工事会社・共栄海事を創業。現在はその2代目として、港湾工事の他、海洋調査事業などにも取り組む。2010年より本業と並行しながら、牡蠣養殖について独学で学ぶ。2011年11月、牡蠣の養殖試験を開始。その後、異なる海域4県11カ所で試験養殖を実施。2014年2月、佐賀を現地視察された牡蠣の研究者として著名な東北大学名誉教授・森勝義氏より、高品質な牡蠣を生産できる養殖技術であることを認められる。5月、有明海と下関で、本養殖を開始。2015年6月、長崎県上五島に種苗研究栽培センターを開設。2016年4月より、沖縄水産高校「OKIスター プロジェクト」を開始。同年12月に出版された『おいしい牡蠣の本』(笠倉出版)の監修を務める。また2016年より、47fishと事業連携を開始。

現在、地元・佐賀以外でも、山口県下関、長崎県五島列島などの生産者と共に、「よりよい牡蠣を、漁師同士の協力のもと互いの長所を活かしながら生産する」方法を提唱・実現させている。

 

DSC_5263.JPGDSC_5513.JPGDSC_5490.JPGDSC_5469.JPGDSC_5473.JPGDSC_5449.JPGDSC_5445.JPGDSC_5432.JPGDSC_5422.JPGDSC_5404.JPGDSC_5391.JPGDSC_5368.JPG